インプラント治療について

インプラントは見た目は綺麗ですが、長い間してると歯茎の心配が出てくるとおもいます。歯だけ綺麗でも歯茎が汚かったらもったいないと思います。インプラントは人工歯根とも呼ばれ、天然歯に近い構造を持ち、口の中の機能回復と審美性を追求した、新しい歯科治療です。 インプラントのメリットは自分の歯と同じように噛む事ができ、見た目もきれいなことです。 インプラントは歯を失った部位にチタン製の人工歯根を埋入し、骨と結合させることによって天然の歯と同等の機能をもたせたものを言います。 インプラントの医療費控除について インプラント診療は見た目の改善を主な目的とする矯正治療や美容手術とちがい、また自家用車やブランド品とくらべて贅沢品でもはありませんので、また費用が高額なため、医療費控除が適用されます。 場合によっては、治療費の半分以上が還付されるケースもあり、高額なインプラント治療を行った際には、申告を忘れずにおこなったほうがよいでしょう。 インプラントの医療費控除は1年間にかかった医療費が10万円以上のときに適用されます。給与をもらっている人であれば、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」をさします。 この金額が200万円未満の人は5%をかけた金額以上の領収書があれば、医療費控除の対象となります。 具体的には年収315万円以下の人が対象です。 医療費控除とは、医療費を1年間で一定額以上支払ったら、税金が還付される・安くなる制度です。 控除される金額は、(医療費の合計)-(保険金などで補填される金額の合計)-(10万円)といった感じです。上限は200万円です。さらにいろいろと例外もあり、何をもって医療費とするか細かい規定があるようです。詳細は医療機関のほうで資料をもらうといいかと思います。 インプラントの寿命について  あくまでも「平均」となりますが、一般的な寿命は15年と言われています。   (※ブリッジ:7年,入れ歯:5年)  ただし、歯科医師の技術に問題があったり、患者さん側のお手入れや生活習慣に問題があれば、数年で抜けてしまい、駄目になることもあります。また逆に、状態が良ければさらに長持ちし、40年以上経っているものも存在します。(もちろんブリッジでも、20年以上使われている方もいます。)  入れ歯やブリッジは、「保険治療」か「自費治療」かで使える素材が違うため、結果が違ってくることがよくあります。  大切なのは、インプラントも入れ歯もブリッジも、長持ちさせるためには、定期検診が必要だということです。

リスク

インプラントは安全性の高い技術ではあるものの、何にでもリスクというのは付きもので、インプラントに関しても例外ではありません。インプラントをするためには顎の骨に金属を埋め込む外科的手術が必要になるため、その際の感染症や持病あった際などの合併症またはあってはならないことですが、事故なども時として起こりえます。

手入れ

自分の歯のようにしっかりと噛むことのできるインプラント。しかし、自分の歯とも入れ歯とも違うけど、一体お手入れはどの程度必要なのでしょう。インプラントをされたあとも、毎日の歯磨きは欠かさずむしろ今までよりも丁寧に行ってください。合わせて定期検診も必ず行きましょう。あなたのお手入れ次第で使用できる期間が長くも短くもなります。

不安

インプラントをするにあたっては不安になる人が多いものおです。外科手術になるので、もちろん麻酔なども行いますし、そのあとの痛みなどについても不安に思うことがあると思います。そんな時には施術をしてくれる病院で相談をしてみましょう。細かい説明などをきちんとしてくれる医師であれば安心して任せることができますものね。

梅本歯科医院 歯医者をご案内いたします。 664

ホワイトニングの種類や効果やお値段

歯のホワイトニング、とても興味があります。歳を重ねるとなんだか歯が黄ばんできたような・・・値段も高そうなイメージだし、一度じゃきれいにならないから定期的にホワイトニングをするイメージがあります。最近はキャンペーンなどをやっているところも増えてきているようなので、値段も庶民にも手が届くくらいになったのでしょうか。ぜひ、一度ホワイトニングを試してみたいです。
昔、芸能人は歯が命・・なんてCMがあったのを覚えていますか。年齢がバレてしまいそうですが、芸能人のような輝く白い歯、みなさんも憧れたことありませんか?歯を白くするホワイトニングの種類や効果やお値段は以前は高価でなかなか近寄りがたかったものですが近年ますます進化し、より身近なものになってきました。ここではホワイトニングの種類や効果やお値段についての情報をご紹介させていただきます。
ホワイトニングの種類や効果やお値段とは?
  歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない、加齢や遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法で、その方本来の歯の色よりも白くすることが出来ます。歯の表面にホワイトニングの種類や効果やお値段剤を塗布し、歯の黄ばみ色素を分解して歯を白くしていきます。天然の歯を白くしていくため、自然な色の仕上がりになり、笑顔の魅力度が格段にアップします。最近では、近隣の歯医者さんでもしてくれるところが増えてきているので、かかりつけの歯医者さんで聞いてみるのも良いと思います。

ホワイトニングの種類や効果やお値段は歯を削ったり痛い思いをして負担をかけることなく、白く輝いた歯にすることが出来る画期的な方法です。  医院にてホワイトニングの種類や効果やお値段を行う「オフィス・ホワイトニングの種類や効果やお値段」、ご自宅にてホワイトニングの種類や効果やお値段を行う「ホーム・ホワイトニングの種類や効果やお値段」、それらを併用する「パワー・ホワイトニングの種類や効果やお値段」があります。

こんな方にお勧めです。
 加齢変化による歯の黄ばみが気になる方(20代から黄ばみはじめます)
 遺伝による歯の黄ばみや変色が気になる方(髪・肌と同様に歯の色も遺伝します)
 今よりも、もっと美しく白い歯を手に入れたいと思う方
 歯に負担をかけることなく、健康的に白い歯を手に入れたい方
 自然な色の仕上がりを希望されている方
 自分の笑顔にもっと自信を持ちたい方
 挙式を控えている方

ホワイトニングの種類や効果やお値段のよくある質問

Q. 一度で大丈夫ですか?
A. 「何度も通うのは面倒だし、お金もかかるので、一度で白くしたい」と思われる方も多いと思います。実は1度のホワイトニングの種類や効果やお値段で白さの段階を一気に上げることは難しくありません。過酸化物薬剤の濃度を上げれば、一度でかなり白くなります。その代わり、脳天を直撃するような痛みが発生し、神経が炎症を起こします。また、歯の表面が便器のような不自然な白さになってしまいます。歯の表面も荒れるため、着色もしやすくなります。
肌の日焼けの場合、強烈な日差しの中で一気に焼くと肌にダメージが残ります。だから複数回に分けて、健康的に小麦色の肌にしていきます。ホワイトニングの種類や効果やお値段も何回かに分けて繰り返すことによって、歯にダメージを与えず、透明感のある自然な白い歯が手に入ります。 Q. ホワイトニングの種類や効果やお値段の機械はレーザーほかいろいろあるけど、どれがいいの?
A. レーザーホワイトニングの種類や効果やお値段、○○○○システムなど、ホワイトニングの種類や効果やお値段の効果はマシーン次第。という宣伝をときどき見かけます。ホワイトニングの種類や効果やお値段に使用するマシーンはあくまで熱と光によって薬剤を活性化させるためのものであり、マシーン自体に歯を白くする効果はありません。ホワイトニングの種類や効果やお値段の効果は薬剤の効能と症例経験の多さによるノウハウで決まります。
Q. ホワイトニングの種類や効果やお値段ってやりすぎると不自然な白さにならないですか?
A. ホワイトニングの種類や効果やお値段は天然の歯を白くしていく施術です。天然の歯には透明感があり、ホワイトニングの種類や効果やお値段によって、それが損なわれることがありません。便器のような白い歯は、本人がわざわざ歯科医師に人工の歯をそのように注文してつくってもらった場合、もしくは、濃度が高すぎるホワイトニングの種類や効果やお値段剤や温度が高すぎるレーザーのようなマシーンで一気にホワイトニングの種類や効果やお値段して歯が焼けただれた場合、そして個人輸入などで粗悪なホワイトニングの種類や効果やお値段を行った場合などです。無茶な方法を取らない限り、自然な白さになりますのでご安心ください。
Q. ホワイトニングの種類や効果やお値段した日はコーヒー、お茶、ワイン、醤油など着色するもの食べれないのですか?
A. 施術後の着色性飲食によるその後の歯の色の変化を実験してみたところ、色戻りや着色などの変化はありません。ホワイトニングの種類や効果やお値段当日は、歯の表面が活性化しており、着色性飲食物を避ける方が理想ですが、絶対ダメというわけではありません。
Q. ホワイトニングの種類や効果やお値段の効果は永久に持続するものでしょうか?
A. ホワイトニングの種類や効果やお値段の効果は残念ながら永久に持続するものではありません。そのため定期的なホワイトニングの種類や効果やお値段が必要となります。お茶、コーヒー、タバコ、醤油など着色性の強いものを摂取は黄ばみを促進させるので控えることで効果を長持ちさせることは可能です。

Copyright ©All rights reserved.インプラント治療について.